アーロン・ジャッジ何がすごい?若き怪物のすごさとは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今ではヤンキースの顔であり、

MLBメジャーリーグの顔とも言える活躍を見せるアーロン・ジャッジですが

どんな人物なのか見て行きましょうう^^


 

バックグランド

ジャッジはカルフォルニアで生まれ育ち、

生まれた翌日に教師として働いていた両親に養子として引き取られました。

また兄も養子であり家族とは自身のインスタに載せるほど仲もいいです。

両親はジャッジが10歳の時に養子であることを伝えると、

知ってたよ」と伝えまた外見の違いも理解していたそうです。

今も両親にはすごく感謝していることを伝えていたり

球場でも観客とキャッチボールをしたりと、

その性格も良いファンから人気を得ている理由ですね^^

恵まれた体格

体格にめげまれた選手が多いMLBの中でもジャッジ選手は目立って大きいですね!

2mの身長に128kgの体重と本当に大きいです

しかじ守備や時には盗塁もするほど動ける選手と、本当にすごい選手ですね

経歴

2010年に一度オークランド・アスレチックスから31順目に指名されるも

カルフォルニア州立大学フレノズ校への進学を決めました。

のちに2013年にニューヨーク・ヤンキースから一巡目で指名を受け、

A級から順調昇格し2015年のスプリングトレーニングに呼ばれ

2016年の8月28日にデビューし、

メジャー初打席初本塁打を放つと

同じ試合でデビューしたタイラー・オースティンも初打席初本塁打を

放ちMLB初の記録を残しました。


叩き出した記録

2017年にはルーキーイヤーでありながら52本の本塁打を放ち新人での本塁打記録を

塗り替え本塁打王になると同年に、

四球(127)、三振(208)長打率(0.627)と記録を残しこれも新人記録となりました。

もちろん文句なしに新人王に輝きました。

最優秀選手にはホセ・アルトゥーべが選ばれるもそのインパクトは

全米を驚かせました。

2018年には右手首の負傷で離脱するも、

ポストシーズンではレッドソックスに敗れるも5試合で3本塁打と

チームに貢献しました。

まだ26歳の若きスーパースターの今後の活躍にも期待ですね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。