やけどや傷口にラップ、冷えピタはいいの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一度やけどをしてしまうと長時間ヒリヒリしたり

やけど痕が長く残ってしまって嫌ですよね

また傷口を早く治すには乾燥させた方がいいのか、

ラップを使うといいだとか聞きますがどうなのでしょうか?

スポンサーリンク



 

やけどをしたらすぐ冷やす

基本ですがやけどをしたら流水で流し、冷やしましょう!

この時に氷や氷水で冷やすのは逆に低温やけどなどで悪化させてしまうことも

あるため流水がいいのですが、流水でのケアも長時間になってしまうと

皮膚がふやけてしまったりとかえって良くないので気をつけましょう。

どれくらいの時間がいいのかはやけどの程度にもよりますが

ヒリヒリが続く間は流水で冷やすのがいいです!

 

ラップはうまく使う

もちろんラップを直接つけても良くないですが

傷口に軟こうをつけたガーゼで抑え包帯またはラップでの代用も効きます。

というのもなるべく空気に触れさせない方が治りが早いので

消毒や軟こうを塗りがーぜを当てたら抑えるように使用するといいでしょう。

この際空気を入れないと言いましたがきつく巻きすぐても

良くないので気をつけてください。

冷えピタはやけどに良くない

よく水につけてられないから、冷やしたからと冷却シートを直接貼って

痛みを和らげようとしようとしてしまいますが

それは治りが遅くなってしまったり、そもそも効果がないので

やめましょう。

スポンサーリンク



 

傷口は乾燥させない

傷ができた時に感想をさせると早く治ると思いがちですが、

それは逆に治りを遅くしたり皮膚にも良くないので

ここでもうまくラップを使ったり、乾燥させないように

絆創膏などで外気に触れさせないようにするといいでしょう

一見治りが遅いように思えますがこうすることで

綺麗に治りやすく効果が高いです。

正しい処置をして自分の体を守りましょう^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。